カリキュラム

Science • Music • Culture • Art • Nature
教育的アプローチ

Ryozan Parkのモットーは、「遊びを通しての学び」。音楽、芸術、科学、数学、自然、歌やダンス、工作、物語を通して知る文化、外遊び。当プリスクールでは、バラエティに富んだ多様なプログラムを提供しています。

モンテッソーリやレッジョ・エメリアのような特定の教育方法に偏ることなく、卒園後に日本での教育になじみやすいように、日本の教育方式に沿った英語教育を特別に開発しました。独自に開発した数々のアクティビティと共に、科学的に効果が実証されたアメリカ発のカリキュラム「マザーグースタイム」を使用します。日本の祝日や習慣はもちろん、ネイティブ教師や生徒の子供たちの母国に伝わる祝日なども皆でお祝いします。

私たちのミッション

楽しく、安全で愛情にあふれる空間で、自立心、好奇心、優しさ、たくさましさをもった子どもを育むこと


学習の成果

自発性と人間関係の発達

総体的かつ優れた運動能力と空間認識力の強化

リスニング、コミュニケーション、批判的思考力の発達

数字、図形、文字の認知

国際文化および環境の受容

芸術、音楽、演劇、踊りを通じた創造力と表現力の発達

自然界についての知識と繋がりの確立


マザーグースタイムとは?

マザーグースタイム(Mother Goose Time)は、遊びを通して学ぶことを目的にした幼児教材です。アメリカで科学的に効果をテストしながら開発されており、33の生きる力を育めるようにデザインされています。

Mother Goose Timeは、社会性や情緒の発達、身体的発達、数学的・論理的思考の発達、言語や読み書きの発達、社会への理解、科学への理解、創造性、第二言語習得を8つの柱とした33の生きる力を育みます。

 何よりも大切にしているのは、遊びを通して学ぶことです。子どもは日常生活から知識を増やします。海の生き物や恐竜、おとぎ話といった子どもたちに馴染みのあるテーマをかかげ、言語や自然科学、アートにダンスと様々な分野を横断しながら親しむことで、楽しい学びが実現できるのです。

 Mother Goose Timeは、子ども達が、教室、コミュニティ、多様で美しいこの世界を探求しながら学ぶことの手助けをしてくれます。

社会性・情緒の発達

身体的発達

社会的分野の発達

科学分野の発達

言語・読み書きの発達

数学的・論理的思考の発達

創造性

第二言語習得

2018~19 テーマとアクティビティ

4月・5月・6月

クラスでの過ごし方を学ぶ

(カリキュラムなし)

プレイタイム
教室で過ごすことや学校にある玩具の使い方を学ぶ。
公園まで歩いて大塚を探索する。

おやつと昼食
簡単なテーブルマナー、一人で食べる練習、健康的な食べ物

トイレタイム
服を着替え、オムツを変える

お昼寝タイム
静かに寝る準備をする

7月・8月・9月

テーマ「私の体」

自分について
頭、腕、脚、手足

5感
視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚

洋服
シャツ、パンツ、帽子、コート、靴と靴下

元気な子を目指す
手を洗う、体を守る、眠る、歯を磨く練習

体の部分を知り、様々な5感を実感する。洋服をデザインする。
体の動きについての8つのダンスが子ども達に大人気。

9月・10月・11月

天気と季節

天気予報
太陽、風、雲、雪、虹

四季
夏、秋、冬、春、季節ごとの洋服

変化
葉の色づき、日中と暗闇、冬眠、渡り鳥

日々の天気について学び、それが自分たちの日常にどのように影響を与えるかについても学びました。季節が変化を及ぼし、変化という概念そのものについても調べました。子ども達は「Tornado」「Drip Drop Rain」「Migrate」といったタイトルの音楽を楽しみました。

Our Philosophy

“Play is the only way the highest intelligence of humankind can unfold.”

Joseph Chilton Pearce
お問い合わせ